最近は

様々なやりとりの「取っ掛かり」の部分が

「代理、代行」で行われるようになった。



要するに、自分で物事を進めるのではなく

最初のきっかけ作りは誰かに任せて

お膳立てをしてもらうということだ。。


同様に

LINEやTwitter、Facebookなど

SNS でのやり取りも主流になっている。

園の資料請求や見学などの問い合わせも

メールなどで依頼されることが増えた。。





何年か前のPTAだよりで

「顔と顔」という記事を書いたが



今の時代は顔と顔を合わせなくても

事を進めることが出来るらしい。



むしろ

SNS が当たり前の今は

その方がスピーディーで確実なのかもしれない。





最近、昔の仲間たちとLINEグループを作って会話を楽しんでいる。


中学校時代からの親友6人ではあるが

もう10年以上あってないヤツらばかり。


それぞれ住んでいる場所もバラバラ

置かれてる立場や環境も様々。

考えも、生き方も、多分違う。。



でもなぜか

LINEで会話してるだけなのに

顔が見え、表情や声や考えがわかる。



それはきっと

まだSNS なんかなかった時代に

毎日顔と顔を合わせ

バカな話をしながら笑い合い

時にはケンカをし

それぞれの節目を一緒に共有して過ごしてきたからだろうと思う。。



今の時代に生きる子たちは

これからどんな人間関係を築き

本当の仲間を作れるのか。



もちろん昔と比較する必要はないが


自分にとって今の時代は

ちょっと息苦しく感じる。


これからの子どもたちに

どう伝えていったらいいのか悩むが····



少なくとも

素敵な仲間を持てたことを

ちょっとだけ誇りに思う。。


IMG_1110